注文住宅と建売住宅は何が違う?双方のメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/10/15  最終更新日:2022/10/05


注文住宅と建売住宅の違いをご存知でしょうか。もっとも大きな違いは自分で自由に建てるか、すでに建っているもののなかから選ぶのかという点です。それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり理解したうえで、自分にどちらが合うのか考えましょう。ここでは、それぞれのメリット・デメリットやどちらがおすすめかについてご紹介します。

注文住宅を建てるメリット・デメリット

注文住宅のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

・唯一無二の家
建築基準法などによる制限はありつつも、間取りやデザイン、フローリング、タイルなど内装・外装、キッチンやトイレなどの設備まで自由に決めることができ、こだわりの詰まったマイホームを実現できます。

過程の確認
契約してから家づくりがスタートするため、過程を実際に確認できるのがメリットの一つです。欠陥住宅や手抜き工事などへの不安も軽減でき、疑問点などについても建築過程で確認できます。

・メリハリがつけられる
こだわりが強い部分を追求し、そうでない部分は思い切ってなくすこともできます。必要な部分にはお金を惜しまず、いらない部分では徹底的に無駄をカットするというメリハリがつけられます。

デメリット

・購入前に確認できない
建物が完成するまで、実際にどうなるかを確かめることはできません。モデルハウスなどでイメージをふくらませ、間取り図などで細かい部分を確認しながら計画を進めます。依頼する予定の建築会社が手掛けている家の内覧会などがあればより明確にイメージをふくらませることができます。

・コストが高くなる
建売住宅と比べると工期が長いため、建築費用に占める人件費の割合が高くなり、全体的なコストも高くなる傾向にあります。また、内装や設備など細部にこだわれば、その分建設費用も高くなります。

・入居まで時間がかかる
土地探しから始めて、契約、設計、建築まで施主としてかかわりながら進めることになるため、完成まで半年~1年かかることもあります。見積もりや契約、設計など納得がいくまで何度も話し合いを重ね、情報も集めることがよい家づくりに必要なため、根気が必要とされます。

建売住宅を購入するメリット・デメリット

建売住宅のメリット・デメリットについて見ていきましょう。

メリット

・手続きが簡単
売主のプランに基づいて建てられた住宅を土地と一緒に購入するため、売買契約時に手付金を支払い、残りはローンで借りるなどの方法で進むため、資金の流れが比較的単純です。

・コストが安い
打ち合わせなどにかかわる人件費が少なく、材料もまとめ買いできるため安くなり、仲介手数料も不要、規格が決まっているため計画などにかける費用が少ないなどの理由で、全体的なコストが安くなります。品質が悪いから安いのではなく、さまざまな手間を省き効率的に進むことが、安さにつながっています。

・入居まで短い
購入を決めたらすぐにでも入居が可能なので、転勤や子どもの入学などのタイミングで購入を急いでいる人におすすめです。

・事前に物件の確認ができる
実際に建てられている物件を確認しながら購入を決めることができるので、後でイメージと違って困ったという後悔が起こるリスクを減らせます。

デメリット

・自由度が低い
建売住宅はほとんどの住宅が同じ建て方のため、自分のこだわりを入れることは難しいです。同じ外観の住宅が並ぶことで、調和が保たれる一方、デザインも個性的なものよりは、万人受けする一般的なものが多いです。

・土地を判断しづらい
ほとんどの場合、建築された状態で販売されているため、耐久性や耐震性に大きな影響を与える土地の状態を事前に確認できません。また、工事の過程を見ることができないため、手抜き工事などが発生するリスクもあります。

結局、注文住宅と建売住宅どちらがおすすめ?

両方のメリット・デメリットについて見てきましたが、結局どちらがいいのでしょうか?人によって好みや向き不向きがあるため一概にはどちらかに決めることはできません。何を重視するかで選ぶのも一つの方法です。

手間やコスト

注文住宅のメリットである唯一無二の家を実現するためには、仕事の合間に住宅について勉強したり、打ち合わせを重ねたり、時間をかけて多くのことを決定するプロセスが必要です。時間や手間をそれほどかけたくない場合は建売住宅がおすすめです。

理想やこだわり

住宅に対して強い理想やこだわりがある場合は注文住宅が向いています。建売住宅の場合は、既に建てられているなかから自分の希望に近い家を探すことになります。住宅だけでなく外観やデザインに関しても同様です。

まとめ

注文住宅と建売住宅のメリット・デメリットについて見てきましたが、まずは自分や家族にとっての優先事項を明確にすることが大切です。絶対に外したくない条件や、逆にそれほどこだわらないという点を洗い出すことで希望の住宅が探しやすくなります。まずは両方を視野に入れて探していき、予算や家族の希望を反映しながらどちらがより向いているか見極めましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

狭い敷地でも駐車場付木の家を建てられるビルトインガレージは、都心の人気エリアの狭小住宅によくみられる駐車場のスタイルです。愛車を近くにおいて生活できるのはとても便利ですが、ビルトインガレージ
続きを読む
注文住宅と建売住宅の違いをご存知でしょうか。もっとも大きな違いは自分で自由に建てるか、すでに建っているもののなかから選ぶのかという点です。それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかり理解し
続きを読む
最近の注文住宅で検討する人が増えているのが、高気密・高断熱住宅です。環境に優しい住宅として注目が高まっていますが、どのようなメリット・デメリットがあるかご存知でしょうか。補助金が適用されるZ
続きを読む