あこがれの注文住宅!建てるなら「平屋」と「二階建て」どちらがおすすめ?費用や暮らしやすさを徹底比較

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/05/13

あこがれの注文住宅「マイホームを建てよう!」と思い立った時、真っ先に考えるのが何階建てにするのかという点ではないでしょうか?平屋には平屋の、そして二階建てなら二階建てのよさが、それぞれあります。この記事では、注文住宅を建てる際に平屋と二階建てどちらがおすすめか?費用や暮らしやすさを徹底的に比較しながら解説していきます。

平屋のメリット・デメリットをチェック

まずは平屋のメリット・デメリットをチェックしましょう。

平屋のメリットについて

何といっても、バリアフリーな点が平屋最大のメリットです。階段の昇降がないため、小さなお子さんやお年寄りでも安心!また、家事動線がスムーズなので、掃除や洗濯も楽にこなせます。このほかにも、家族みんなでコミュニケーションが取りやすく、なおかつ構造的に安定するため地震にも強いというメリットがあります。

平屋のデメリットについて

よくある平屋のデメリットは、階建てより建築費が高額になる点です。その背景には、二階建てと同様の延床面積を確保するために、広い敷地が必要になるという背景があります。

また、外に接していない中心の部屋の採光が難しくなり、暗くなりがちです。そのほか、水害が起きても2階へ避難ができなかったり、周囲に二階建てや三階建てが多い土地に建ててしまうと圧迫感が強くなったりもします。

二階建てのメリット・デメリットをチェック

続きまして、二階建てのメリットとデメリットをチェックしていきましょう。

二階建てのメリットについて

まず、土地が狭くても平屋と同様の延床面積を確保できるのが、二階建ての大きなメリットです。限られた敷地内で、多くの部屋を設けることができます。

そして、一階と二階に分けることで、プライバシーを保ちやすい点も見逃せません。たとえば二世帯で暮らす場合、各階に浴室とトイレをそれぞれ別に設置すれば、階ごとに暮らす世帯を分けることもできます。

二階建てのデメリットについて

逆にデメリットは何か?というと、地震が起きた際に揺れを感じやすくなる点です。なぜなら二階建て以上になると、どうしても少ない面積で自重を支える必要が生じます。重量のある建物だと、揺れの影響を大きく受けてしまうのです。

よって、平屋の家よりも強度がなくては、二階建ての家は成り立たないのです。このほかにも、家事動線が複雑になりがちなので掃除の手間がかかったり、間取り次第では家族間のコミュニケーションが減ったりもします。

平屋と二階建てにおいての費用と暮らしやすさの違い

ここでは平屋と二階建てにおいての費用と、暮らしやすさの違いについてまとめています。

メンテナンス費用について

10年に1回のペースで外壁塗装を行うなど、マイホームも長く住んでいるとメンテナンスが必要です。メンテナンス費用ですが、平屋よりも二階建ての方が高くなる傾向があります。

その理由は単純で、二階建ての方が塗装工事する面積が広くなるからです。また、安全に作業するための足場工事も、欠かせません。一方、平屋なら屋根が低く軒や外壁、雨樋などのメンテナンスがしやすいため、費用を抑えることができます。

固定資産税の違いについて

マイホームを取得すると「土地または建物を所有する者」として、毎年固定資産税と都市計画税が課されるようになります。そして固定資産税は資産、すなわち所有する土地や建物の資産価値によって変動しますが、実は平屋の方が二階建てよりやや高くなる傾向があります。

平屋の方が二階建てより壁や屋根に使う資材が多いため「より資産価値が高い」と判断されるからです。ただし、高いといっても1万円以内のため、そこまで気にする必要はないでしょう。

動線や間取り

平屋と二階建てでは、動線や間取りが大きく変わります。平屋は一階しかないので家事動線も楽だといわれていますが、二階建てだと階段の昇降が発生します。

そこで考えたいのが、ゾーニングです。水回りはどこにまとめればよいか?リビングの位置はどうするのか?など、家事動線を配慮しながら間取りを考えていくことで、暮らしやすい空間づくりができるでしょう。

階段のあり・なし

平屋と二階建ての最大の違いが、階段のあり・なしです。当然といえば当然ですが、年配の方や小さなお子さんがいる家庭なら、転落による事故を防ぐためにも平屋の方が安心でしょう。

また、階段を造るために畳約1.5枚~2枚ものスペースが必要となるため、その分、家が狭くなるというデメリットもあります。しかし、省スペース設計な階段にデザインすることで、階段下の空間を有効活用できるでしょう。

注文住宅を建てる際「平屋」と「二階建て」どちらがおすすめなのか?というテーマに基づき、それぞれのメリット・デメリットを交えながら、費用や暮らしやすさを徹底的に比較してきました。

平屋と二階建てではコストのかかる部分が異なるため、一概に「どちらが安く、どちらが高い」といい切れない側面があります。ライフスタイルや好み、入手した土地の状況などを考慮したうえで、自分に合ったスタイルの家を選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

注文住宅を購入する際は、現金一括で支払うよりも住宅ローンを組む方が大半でしょう。では、住宅ローンにはどんな組み方があり、融資実行までの流れや支払いのタイミングはどうなっているのでしょうか?こ
続きを読む
「マイホームを建てよう!」と思い立った時、真っ先に考えるのが何階建てにするのかという点ではないでしょうか?平屋には平屋の、そして二階建てなら二階建てのよさが、それぞれあります。この記事では、
続きを読む
注文住宅を建てようと思ったら、購入から完成までの流れが気になりますよね。とくにこどもの入園や入学に合わせて引越ししたいという場合、引き渡しまでにどれぐらいかかるのか知りたいところ。この記事で
続きを読む