注文住宅でリビング階段を取り入れるメリット・デメリットとは?

公開日:2023/01/15  最終更新日:2022/12/26


注文住宅を建てる際に、リビング階段を取入れるか検討している方は多いのではないでしょうか。リビングをオシャレに見せる効果があるリビング階段ですが、さまざまなメリットがある一方でデメリットもあります。そこで今回は、注文住宅でリビング階段を取入れるメリット・デメリット、取入れる際に注意するべきポイントを解説します。

そもそも「リビング階段」とは?

リビング階段とは、一般的には玄関ホールに設置する階段を、リビングに設置した間取りのことです。リビングの中に設置しているため、リビングイン階段とも呼ばれています。リビング階段は、オシャレでスタイリッシュなため、階段がインテリアの一部になるという特徴があります。また、限られた敷地面積を有効に活用できることも人気がある理由のひとつです。

注文住宅でリビング階段を取り入れるメリット

注文住宅でリビング階段を取入れるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、リビング階段を取入れるメリットを解説します。

リビングが広く見える

リビングに階段を設置することで、1階と2階につながりができるため、空間に広がりを感じリビングが広く見えます。また、吹き抜けとの相性がよく、組み合わせることでさらに吹き抜けの開放感を得られるため、よりリビングが広く感じるでしょう。そのほかにも、リビングが明るくなるという効果もあります。

コミュニケーションが取りやすい

帰ってきて2階に上がる際は、必ずリビングを通らなければならないため、家族とのコミュニケーションが取りやすいこともメリットのひとつです。リビングは家族が集まるスペースのため、リビングを通ることで会話が生まれるうえ、帰ってきたことにも気づけます。子どもは思春期を迎えると自室にこもりがちですが、顔を合わせることで微妙な変化もわかるようになるでしょう。

階段下のスペースを有効活用できる

階段下にはスペースができるので、クローゼットなどの収納として有効活用できます。そのほかにも、ワークスペースやキッズスペース、書斎などにするという活用事例も多いです。また、ロボット掃除機の充電場所やペットの小屋にするなど、アイデア次第ではさまざまな活用方法があるでしょう。それ以外にも、リビング階段のデザイン性を高めることで、リビング階段自体をインテリアに活用するという考え方もあります。

注文住宅でリビング階段を取り入れるデメリット

リビング階段を取入れるメリットはさまざまありますが、その一方でデメリットも存在します。ここでは、リビング階段を取入れるデメリットを解説します。

寒さを感じる

リビング階段にするとリビングと2階がつながっているため、一般的なリビングと比べると寒さを感じるというデメリットがあります。冬は2階の冷気がリビングに流れ込んできて寒さを感じたり、暖房をつけても暖まりにくかったりします。しかし、最近の住宅は気密性や断熱性が高くなっているため、以前よりは気にならないでしょう。

リビングの音や臭いが伝わりやすい

リビングに階段があることで、リビングの音や臭いが2階に伝わりやすいこともデメリットのひとつです。リビングでの話し声やテレビの音、料理のよい香りなどがすると、2階で勉強している際は気になるかもしれません。

来客者と顔を合わせてしまう

2階に上がるにも1階に下りるにも、必ずリビングを通らなければならないため、家族とコミュニケーションが取りやすい反面、リビングに来客者がいる場合は顔を合わせてしまいます。親戚や友人であればいいですが、まったく面識のない人とはできれば顔を合わせたくないという方は多いのではないでしょうか。

リビング階段を取り入れる際に注意するべきポイント

注文住宅にリビング階段を取入れる際は、どのような点に注意するべきでしょうか。ここでは、リビング階段を取入れる際に注意するべきポイントを解説します。

リビング階段の位置を工夫する

リビング階段をどこに設置するかで空間の使い方が変わってくるので、設置場所は重要です。リビングの端に階段を設置すると階段下のスペースを広く取れるうえ、吹き抜けと組み合わせると採光性が高いです。リビングの中央に階段を設置すると抜群の開放感があり、来客者に大きなインパクトを与えます。

しかし、階段下はデッドスペースになりやすく空間利用が難しいでしょう。そのため、空間をどのように使いたいのかを考えて設置場所を決めることがおすすめです。

高気密・高断熱の住宅にする

高気密・高断熱の住宅にすることで、リビング階段を取入れても寒さを感じにくくなり、家中どこにいても温度差がほとんどない住宅になります。また、高気密・高断熱の住宅にすることで住宅の温度を一定に保つことができるので、冷暖房効率が高く光熱費の削減が可能です。

まとめ

リビング階段とは、リビングの中に設置した階段のことです。リビング階段を取入れるメリットには、リビングが広く見えること、コミュニケーションが取りやすいこと、階段下のスペースを有効活用できることがあります。デメリットは、寒さを感じることや、リビングの音や臭いが伝わりやすいこと、来客者と顔を合わせてしまうことです。注意するべきポイントには、リビング階段の位置を工夫すること、高気密・高断熱の住宅にすることが挙げられます。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

注文住宅を建てる際に、リビング階段を取入れるか検討している方は多いのではないでしょうか。リビングをオシャレに見せる効果があるリビング階段ですが、さまざまなメリットがある一方でデメリットもあり
続きを読む
注文住宅を建てる際は、さまざまな書類を揃えなければなりませんが、揃える書類はそのタイミングによって異なります。書類を揃えるタイミングは、大きく分けると4つありますが、どのようなタイミングなの
続きを読む
狭い敷地でも駐車場付木の家を建てられるビルトインガレージは、都心の人気エリアの狭小住宅によくみられる駐車場のスタイルです。愛車を近くにおいて生活できるのはとても便利ですが、ビルトインガレージ
続きを読む