各務原市でおすすめの注文住宅メーカー3選

公開日:2024/02/08   最終更新日:2024/05/27

注文住宅
各務原市は、岐阜県の南部に位置しており、愛知県の一宮市や江南市などと隣接していることから、ベッドタウンとして人気があります。世界最大級の淡水魚水族館「アクアトト・ぎふ」や複合型レジャー施設「河川環境楽園オアシスパーク」などのお出かけスポットが充実しているので、子育て世帯からも注目を集めています。

そんな各務原市で注文住宅を建てる方に向けて、おすすめの住宅メーカーを3社紹介します。

波多野工務店

波多野工務店の画像

会社名:波多野工務店
住所:〒483-8077 愛知県江南市草井町南234番地
電話番号 0120-291-462

波多野工務店について、特徴や魅力を紹介します。

毎日の暮らしが楽しくなる家づくり

波多野工務店は、大正2年創業の工務店です。公共建築やクリニック、店舗から一般向け注文住宅まで幅広く手掛けています。

波多野工務店では、「家にいる時間が好きになる・毎日の暮らしが楽しくなる家づくり」をコンセプトに掲げて、デザインや価格、住宅性能にこだわった住まいを提供しています。家族それぞれが持つこだわりや希望、憧れを実現できるような家づくりを目指しています。

また、家族が長い時間過ごすマイホームだからこそ、健康的な生活が送れるような空間づくりが大切です。そこで、波多野工務店では、住まいの中に自然素材を用いることで、暑さや寒さに左右されない家づくりを提案しています。

一年中快適な室温を保つことで、ヒートショックのリスクを軽減できます。さらに、無垢の木材や塗り壁などには調湿効果があるとされているため、カビやダニの繁殖を予防できます。

シックハウス症候群やアレルギー反応などを心配する必要がないので、小さな子どもがいる家庭でも安心して暮らせます。

飽きの来ない洗練されたデザイン

波多野工務店では、家族の理想やこだわりを丁寧にヒアリングし、最適なプランを提供しています。好きなインテリアの雰囲気やマイホームでの過ごし方など、さまざまな角度から質問することで要望を汲み取っています。ざっくりしたイメージから細かな注文まで、どんなことでも相談を受け付けています。

さらに、ヒアリングした内容を基にして、機能的で使い勝手のよい生活動線を提案しています。飽きの来ない洗練されたデザインに対して、家事や育児がしやすくなるような動線を組み込むことで、快適な暮らしを叶えられます。

また、波多野工務店では、公式ホームページ上にこれまで手掛けた住宅の事例を写真付きで掲載しています。和モダンや北米スタイル、お家カフェ風など、さまざまなコンセプトで建てられた住宅が多数掲載されているので、家づくりのイメージを膨らませることができます。

施工事例

公式サイトはこちら

イトー住建

イトー住建の画像

会社名:イトー住建
住所:〒509-0146 岐阜県各務原市鵜沼三ッ池町3-313
電話番号:058-384-0558

イトー住建について、特徴や魅力を紹介します。

断熱性・気密性に優れた「FPの家」

イトー住建は、創業から80年以上の歴史を持つ工務店です。各務原市に根付いて、数多くの注文住宅を手掛けてきました。

イトー住建では、マイホームに関するあらゆるニーズに対応するために「FPの家」を提案しています。FPの家とは、屋根や天井、壁、床にFPパネル(断熱パネル)を施し、独自の工法で建てられた住宅を指します。

FPパネルは、一般的なものと比べて、約2倍の断熱性能を持っています。気密性にも優れているため、外気を遮断し、快適な室温を保てます。

また、冷暖房効率が高まることで、光熱費削減にもつながります。イトー住建では、太陽光発電やオール電化工事にも対応しているため、これらを組み合わせることで、光熱費がかからない住宅を実現することもできます。

なお、FPの家は、住宅の寿命を縮める要因とされる結露の心配もありません。結露は、建材の腐敗や劣化を進行させるとともに、カビやダニの発生原因にもなり得ます。

しかし、FPパネルは水や湿気に強いので、壁内に結露が発生することはありません。パネルの素材内部は「50年間無結露」が保証されているので、長期的に健康的な空間を保てます。

南欧プロヴァンス風のデザイン

イトー住建では、南欧プロヴァンス風のデザインを得意としています。具体的には、白漆喰の壁に天然目の玄関ドアやタイル張りの洗面台などを採用しています。

漆喰は、天然素材から作られており、防臭効果や防火性能が期待できます。建物にとっても人にとっても優しい素材で出来ています。

また、玄関ドアには、断熱性能に優れた木材輸入品を採用しています。外気の温度を室内に持ち込むことなく、室内の温度も逃がしません。樹脂サッシについても断熱性・気密性に優れた製品を使用しているので、省エネ効果を高められます。

さらに、内装についてもナチュラルテイストで可愛らしい素材を取り入れています。ニッチや付け梁、照明器具に至るまで、こだわりを詰め込んでいます。

トータルコーディネートされた空間は、経年変化も楽しめます。長い時間をかけて変化する風合いを五感で楽しめます。

施工事例

公式サイトはこちら

山喜建設

山喜建設の画像

会社名:山喜建設
住所:〒509-2133 岐阜県下呂市和佐2447
電話番号:0576-28-2321(代)

山喜建設について、特徴や魅力を紹介します。

無垢材を使用したオーダーメイドの建具・家具

山喜建設は、創業から60年の歴史を持つ工務店です。漆喰と無垢材という自然素材にこだわった家づくりに取り組んでおり、これまでに2,900棟以上の施工実績があります。

山喜建設では、地元の下呂市に本社工場を構えており、自社で製材、加工を行っています。手間暇かけて一から創り上げることで、心も体も健康的に暮らせると考えています。

さらに、建材だけでなく、家に合わせたオーダーメイドの家具も手掛けています。山喜建設では、「家具までも住まいの一部」と考えており、家と家具が一体化するような空間をプロデュースしています。

自社の家具工房にて、職人が部屋の大きさや生活する人の身長、使い勝手に合わせて一つひとつ手作業で作成しています。引き出しの内部や棚板などの細部に至るまで、無垢材を採用しています。

万が一、家具の一部が折れたり割れたりした場合には、壊れた部分を直してそのまま使うことができます。一般的な既製品の家具は機械で作られているため、職人でも直すことができませんが、手作業で作られたオーダーメイドの家具は長年にわたって使い続けることが可能です。

また、上質な無垢材の家具は、経年変化によって味わいを増していきます。

完全自由設計の家づくり

山喜建設では、「完全自由設計」の家づくりに取り組んでいます。大手ハウスメーカーなどでは、自由設計の注文住宅といっても、ある程度決められたプラン内で選択する「セミオーダー住宅」がほとんどです。

しかし、山喜建設では、間取りや生活動線、デザイン、住宅性能に至るまで、自分好みにプランニングできます。専任の設計士がヒアリングから設計、図面作成、見積もり作成まで業務の全てを担当するので、想いをカタチにできます。

また、図面は3Dシミュレーションを利用して、バーチャル空間を再現しています。まるで建物の中に入り込んだような映像を確認できます。

さらに、デザインや素材は、お気に入りの写真をもとに設計できます。こだわりの素材を海外から取り寄せることも可能なので、理想のイメージを実現できます。

施工事例

公式サイトはこちら

各務原市の魅力

各務原市は、令和6年2月1日現在、約14万人の人口規模です。岐阜県内で、岐阜市、大垣市に次いで3番目に人口・世帯数が多い、大きな都市です。

近年、岐阜市や名古屋市のベッドタウンとして人気があり、交通の利便性や豊かな自然環境から多くの方が住宅を建てています。

また、立地条件のよさに加えて、土地の価格が比較的安価であることも魅力のひとつです。そのため、東海3県に住宅を構えたいと考える方にとって、注目のエリアといえるでしょう。

治安

各務原市では、令和4年12月に発生した特殊詐欺事件で、60代の女性が約4,200万円の被害を受けたという事件が記憶に新しいでしょう。報道される事件が起きたとはいえ、一般的には女性や子どもが安心して歩ける地域であり、閑静な住宅街の雰囲気が特徴です。

ただし、空き巣などの侵入犯罪が比較的多いという一面もあります。なかでも、会社経営者や資産家が多く住む地域では、ガラスを割って侵入する空き巣や忍込みなどの侵入犯罪が見られます。

各務原警察署が公表したデータによると、管内の犯罪件数は令和4年2月末時点で、刑法犯の認知件数126件となり、前年比20件の減少傾向です。岐阜県で人口第3位の都市でありながら、犯罪減少が見られ、市民の安全と安心を保つために好ましい方向に進んでいるでしょう。

住環境が整備されている

各務原市は自然豊かな環境であり、各務原公園や各務原市民公園、学びの森など、充実した遊具や緑豊かな公園が点在しています。とくに子育て世帯にとっては、公園などの遊び場が身近にある環境は非常に魅力でしょう。

また、生活に必要な施設も充実しており、24時間営業のスーパーやイオンモール各務原インターなどのショッピングモールが市内にあります。

なかでも、イオンモール各務原インターは、国道21号線沿いに位置し、230の専門店や映画館を備えています。イオンシネマ各務原は、各務原市唯一の映画館であり、休日だけでなく平日でも多くの人々が訪れています。

マックスバリュやザ・ビックエクストラなどの買い物施設も充実しているので、ほかの地域へ行かなくても生活に必要なアイテムを揃えられるでしょう。

交通の利便性がよい

各務原市は、かつて中山道の宿場町として栄え、名古屋に近いベッドタウンとして発展してきました。名古屋市や岐阜市との位置関係も近く、交通インフラも整備されています。

市内には、鉄道網はもちろん、民間路線バスやふれあいバス、タクシーなど多様な交通手段が存在しています。なかでも、JR高山本線や名鉄各務原線が東西に走り、JR4駅や名鉄12駅が市内にあるため、鉄道網が充実しているのが特徴です。

また、東海北陸自動車道や国道21号などの道路網も発達しており、岐阜各務原インターチェンジや各務原大橋の開通により、愛知県や岐阜市へのアクセスも便利です。

また、公共交通の活性化を目指し、各務原市総合計画が掲げられています。ふれあいバスやタクシーが相互に連携して、地域住民の生活行動に合わせた利用しやすい交通ネットワークを構築してくれるでしょう。

各務原市で注文住宅を建てる時の相場は?

注文住宅でかかる費用

各務原市は家づくりをする際に、土地の広さを確保しやすい地域です。注文住宅を建てるときの延床面積は、岐阜県の平均が35坪で余裕のある注文住宅が建築できます。

各務原市で注文住宅でかかる費用ですが、おおよそ3,000万円〜4,000万円くらいと言われています。東海エリアの建売住宅の所要資金相場は平均3,139万円程なので、岐阜県では建売住宅に近い価格で建築可能です。

注文住宅でかかってくる費用のなかには仲介手数料、登記費用、ローン手数料、税金などがあるので、それらも考慮したうえで予算を組むのが重要です。

各務原市の土地相場

各務原市の坪単価はエリアによっても異なりますが、平均ではおおよそ15万円くらいです。大型ショッピングモールがある新那加町は22,3万円、新加納エリアで19,9万円、アピタ各務原店がある鵜沼各務原町は18,6万円程になります。

たとえば坪単価15万円×40坪=600万円、坪単価20万円×40坪=800万円、坪単価25万円×40坪=1,000万円という計算になります。各務原市は利便性が高い場所でも、坪単価が比較的安いのが特徴です。

土地と建物と諸費用を考慮したときに、おおよその土地予算を考えますが、目安の坪単価を想定して土地探しをすることが重要です。各務原全域の坪単価にそれほど差がなく、東海3県のなかでも安い穴場エリアといえます。

注文住宅を依頼する前の準備

注文住宅は一生の買い物といわれており、家づくりには大きなお金がかかってくるものです。注文住宅の費用が完成してから一括で払うのではなく、要所ごとに費用が発生します。

注文住宅を依頼する前の準備には、コンセプトを決めることや資金計画を明確にする必要があります。ここでは注文住宅を依頼する前の準備について、それぞれ詳しく紹介します。

コンセプトを決める

注文住宅のおおまかな流れは施工会社を決める、土地の契約をする、家のデザインや設計をする、着工開始、完成、住宅ローン手続き、住宅の登記、引越しのようになります。家づくりには施工を依頼する会社を探すところから家が完成するまでに、おおよそ10ヶ月〜12ヶ月かかります。

その都度、契約手付金や手続きに発生するお金を払わなくてはいけない会社もあるので確認しておきましょう。事前に用意するだけの資金が不足している場合は、ローンでまとめて支払えるかも確認するのがおすすめです。

理想の家づくりをするためにこだわりが多すぎると、予算オーバーする可能性があります。コンセプトを明確にして、何を重視するのかをハッキリさせると余計な費用を抑えられます。

資金計画を明確にする

注文住宅を建てるときにフルローンで家づくりをする方もいますが、家づくりをする際にかかる頭金は、2割以上にするのが理想的といわれています。家づくりでかかってくる費用は、土地や建物にかかる費用だけではなくさまざまな費用がかかってきます。

登録免許税、司法書士報酬、固定資産税、不動産取得税、融資手数料、ローン保証料、火災保険、団体信用生命保険料、引越し費用などがかかってくるので、必ず確認しておきましょう。引越しをするときに新しい家具やインテリア用品を新調する費用も含めると、おおよそ100万円〜250万円程かかってくることを想定しておきましょう。

家づくりには大きなお金がかかってくるため、少しでも安く建てられるように下調べをしておくことが大切です。

補助金

脱炭素社会ぎふモデル住宅普及事業費補助金は、岐阜県で補助対象事業を行う方が、国が設けている補助金を受けていない場合に申請できる補助金です。温室効果ガスの削減や、環境負荷を低減するための断熱対策が搭載されていることが条件になります。

断熱等性能等級5以上、かつ一次エネルギー消費量等級6の性能がある戸建て住宅に限られています。また助成金の金額は、ZEH基準が400,000円上位基準が600,000円です。

【その他】各務原市でおすすめの注文住宅メーカー一覧

NAITO HOME

NAITO HOMEは、Panasonic耐震住宅工法を用いて長期的に安心して暮らせる住宅を提供しています。24時間365日水廻り・玄関鍵・窓ガラス・電気設備・ガス設備のトラブルに対応しており、安心のアフターフォロー体制となっています。

基本情報
特徴① オンラインで家づくりの相談ができる
特徴② 超高層ビルや大規模建築で用いられる制震技術を住宅用に改良
特徴③ 24時間365日安心のアフターフォロー体制
問い合わせ HP内に問合せフォームあり
住所 岐阜県各務原市那加前洞新町4丁目193
OG HOME工務店

OG HOMEは展示場や広告費に費用をかけず、ほとんどが紹介のお客様です。トレンド性の高いデザインはもちろん耐震性、断熱性、気密性など家主様に満足いただける優れた住宅性能をローコストで実現することができます。

基本情報
特徴① 全国にいる仲間と仕入れを行い、コストダウン
特徴② 自社の設計士、大工と進めるためムダがない
特徴③ バーチャルでいつでも見学会ができる
問い合わせ HP内に問合せフォームあり
住所 〒504-0901 岐阜県各務原市那加東新町2-16
恒工務店

恒工務店は「一生愛せるクオリティ」の家をテーマに住まいづくりをサポートしています。つねに「美しく住まうこと」をコンセプトとし、時代に流されることなく、いつまでも飽きの来ないデザインを追求しています。

基本情報
特徴① 飽きの来ないデザインを追求
特徴② 暮らしやすさを実現するプランニング
特徴③ 土地にあった最適なプランを提案
問い合わせ HP内に問合せフォームあり
住所 〒501-6025 岐阜県各務原市川島河田町1丁目43

まとめ

今回は、各務原市でおすすめの注文住宅メーカーについて、3社紹介しました。岐阜県の南部に位置する各務原市は、愛知県一宮市や江南市などと隣接していることから、ベッドタウンとして注目を集めています。

また、各務原市はお出かけスポットが充実しているので、ファミリー層の定住にもおすすめのエリアです。そんな各務原市で注文住宅を建てるのであれば、工務店がおすすめです。

工務店は、大手ハウスメーカーとは違って、地域に密着してサービスを展開しています。そのため、気候や風土に合わせた最適な住まいを実現できます。

本記事が参考になれば幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

1,000万円台の注文住宅を手に入れるには、慎重なプランニングが鍵となります。ローコスト住宅は予算を抑えながらも、こだわりを実現できる素晴らしい選択肢です。この記事では、予算を抑えながら理想
続きを読む
各務原市は、岐阜県の南部に位置しており、愛知県の一宮市や江南市などと隣接していることから、ベッドタウンとして人気があります。世界最大級の淡水魚水族館「アクアトト・ぎふ」や複合型レジャー施設「
続きを読む
注文住宅のマイホームづくりのなかで、間取りを決める作業は楽しみのひとつです。間取りの決め方には決まった方法ややり方はないため、具体的にどのように決めていくかが悩ましいところです。本記事では、
続きを読む